スロットにはまり生活費がなくなりました

私が学生時代の話です。当時スロットにはまり毎日のようにスロットを打ちに行っていました。

勝てているときは全くお金に困ることなく、友達にご飯を奢ったりもしていました。

しかし、いつも勝てるわけでもなく、月によっては使えるお金のほとんどを負けてしまったこともありました。

その時は食事はお金がなくなる寸前に、100円ショップで素麺や大きなフランスパンなど、安くておなかがいっぱいになりそうなものを買っていましたので何とか食いつなぐことはできてはいました。

しかし、それから数日して、まず、携帯電話が本来電波の入るはずのところでも圏外になってしまい、故障したのかと思っていましたが、どうやら口座残高が足りずに止められてしまっていたようでした。

もうしばらくして、今度はガスが使えなくなりました。幸い電気と水道は使えており、お風呂が電気で夜間に温めたお湯を使う仕組みだったために、何とかお風呂には入ることができました。

このまま電気と水道も止められてしまったら大変だと思っていましたが、しばらくしてお金が入り、結局電気と水道までは止められることなく、携帯電話代とガス代も支払うことができました。

それに懲りてそれ以降はスロットで負けるにしても最低限の生活費は残すようにしました。

このページの先頭へ